無料ブログはココログ

« 手袋たち | トップページ | 髪は女性の命です »

2010年12月12日 (日)

現実のみの社会

現実のみの社会
私がいくらシャッターを押した所で、私が今見てる幻覚はうつらないcamerashineshineshine

澄んだ空に、明けの明星しかうつらないsaddashdashdash

幻聴が私をベランダに呼んで外に出てみたけど、身を切るような寒さと電車の音trainshine

でもお風呂の湯気みたいな大きな手が地面からニョロニョロと生えて、こちらへ伸びてくるpaperpaperpaper

たくさんいる中でひとつの手だけが話し掛けてくるupupup

『エイさん』と名付けた私はこれから毎日、エイさんに起こされて、話しかけられて、ずっと続くのかなsign02

ただ、エイさんに悪意は感じないheart01heart01heart01

私に好意を持っているようだheart02heart02heart02

それでもエイさんはシャッターを押すのにうつりこまない……camerashineshineshine

現実のような幻覚sweat01sweat01sweat01

« 手袋たち | トップページ | 髪は女性の命です »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527945/50255859

この記事へのトラックバック一覧です: 現実のみの社会:

« 手袋たち | トップページ | 髪は女性の命です »